相模原のローカル情報を動画でお届け

あっぱれ!KANAGAWA大行進 2017年8年26日放送 相模原市

1年間かけて神奈川県内全市町村をくまなく巡る超・地元密着番組『あっぱれ!KANAGAWA大行進』。
当日撮影した内容をその日に放送する、鮮度抜群の「撮って出し」でお送りします。

今回は、神奈川県北部に位置し、2010年に政令指定都市となった「相模原市」から撮って出し!「緑区」を訪問しました。

「それでは、あっぱれ!KANAGAWA大行進、スタート!」タイトルコールのあと「津久井湖観光センター」におじゃましました。
実は、視聴者の方から「ぜひお越しください!」といった内容の
メールを頂いていたのがこの場所。店長の安保さんにご案内して頂くと地元の銘菓やお味噌などの加工品もあったりうどんやそうめん、いわゆる“粉もの”も豊富でもちろん、新鮮な野菜もたくさん揃っていましたよ。

いろいろ眺めつつ、でも、さっきから、な~んか自分の背中に
視線を感じていたデビさん。
その熱いまなざしを送っていたのは何と!緑区の北村美仁区長と、緑区のイメージキャラクター“ミウル”でした!


続いてはランチ。今回は、このお店の方からメールを頂きました。予約したのは、こちら!
「手作りのイタリアン Little Tree(リトルトリー)」です。
店内に入るなり、「アールがいっぱいあっていいね~」とデビさん。
はぁ~、確かに(笑)。テーブルや壁面など、角張っているところがありません。その“やわらか~い感じ”もこのお店の魅力になっていました。

あっぱれ隊は、津久井湖から少し離れ、「青山」地区へ。
閑静な住宅地を歩いていると、突然視界にのぼりや看板が近くに行ってみると、駐車場スペースと思われるところで何やら
作業しているご様子。中に入れさせて頂くと真剣な眼差しで、見たことのない機械と向き合っている方が。

そのレバーだらけの機械から外されてきたのは、こちら。
実は三味線の皮をピンと張り合わせる機械だったんですね。


青山地区を少し北上。国道沿いを歩いていると、デビさんが「この文字、どっかで見なかった?」
この建物の横にある駐車場の片隅にはテントが!
何と、自社工場で製粉から製麺まで行っている昭和4年創業の
「せき製麺」が実施している土日祝限定の直売に遭遇しちゃいました。

あっぱれ隊一行は再び津久井湖の方へ。そこで見かけたこの看板。
インパクトありますね~。実は、デビさんが6年前に訪れた?という「津久井せんべい本舗」。が、しかし
「以前、来た時と外観が違っているね。」
裏に新たなお店がオープンした様子を察した2人は「Cafe&Pasta 季逢庵(きほうあん)」へ。

そんなわけで、津久井湖周辺からお送りしました今回のあっぱれ!
いかがだったでしょうか。